黄金の巻 第八十三帖

こんにちは。ゆうたかさんです。

暫く更新が空いてしまいました。

年末近くになってくると、何かと忙しくなるものですね。

相変わらず、日本周辺は騒がしいですが、如何お過ごしですか。

テレビも新聞も、かなりいい加減な情報を流しています。もちろん、ネットも玉石混交ですから

情報は心して受け取らなければなりませんな。

今日の「ひふみ神示」です。

ぱっと開いたページをご紹介いたします。



黄金の巻
【第八十三帖】

ひかる誠の行をさしたら、皆逃げて了ふから、ここまで甘くして引張って来たなれど、もう甘く
出来んから、これからはキチリキチリと神の規則通りに行ふから、御手柄結構に、褌しめて
下されよ。この世は神の国の移しであるのに、幽界から移りて来たものの自由にせられて、
今の体裁、この世は幽界同様になってゐるぞ。地は九二(クニ)のやり方せねば治まらん。
早う気付いた人民から、救ひの舟を出して下されよ。これと信じたらまかせ切れよ。損もよい
ぞ。病気もよいぞ。怪我もよいぞ。これによってめぐり取つていただくのぞ。めぐりなくなれば
日本晴れぞ。今がその借銭済ましぞ。世界のめぐり大きいぞ。真理は霊、芸術は体であるぞ。
正しき芸術から神の理(ミチ)に入るのもよいぞ。説くのもよいぞ。芸術の行詰りは真理ないか
らぞ。芸術は調和。七つの花が八つに咲くぞ。(一月三日)一二十




よく読んで、直感で感じたところを掘り下げてみて下さい。
何かを感じるはずです。

此処で出てくる「めぐり」とは、悪しきことをした結果跳ね返ってくるものです。
自分の至らない行動や言動が自分にめぐりを作っています。今生のめぐりだけではありません。

俗に云う、カルマとか業(ごう)とかと同じ意味ですね。
損もよい、病気もよい、怪我もよい、すべては自分の為によい事だと言う事ですね。近視眼的な
捉え方ではいかんと言う事でしょうか。

また、「幽界から移りて来たものの自由にせられて、今の体裁、この世は幽界同様になってゐるぞ。」
の下りは、耳が痛い気がいたします。

少し筆が過ぎました。皆さんも感じるところを考えてみて下さい。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

熱しやすく冷めやすい!?

こんにちは。ゆうたかさんです。

このブログのカテゴリーにも原子力と云うものがあります。

はらこ りき という、人の名前ではありません。ww

原発のことですが、長く原子力についての記事を書いていませんでした。

全く、熱しやすく冷めやすいを地で行くような感じですね。(^_^.)

ところで、日本国中にどれくらいの原発があるかご存知ですね。

54基です。

世界第三位の数だそうですね。

で、今日現在稼働している数はご存知ですか?

一般社団法人日本原子力技術協会のホームページから確認できますが、4基です。
http://www.gengikyo.jp/facility/powerplant.html

九州電力管内 川内原子力発電所 1・2号機
関西電力管内 高浜原子力発電所 3・4号機

その他は、検査中であったり、廃止措置中であったりします。

でも、建設中という表示のモノもあります。

中国電力管内の島根原子力発電所3号機です。

また、山口県に計画中の上原原子力発電所が、2011年3月で準備工事を中止しています。

計画廃止にはなっていないようですので、まだチャンスをうかがっているのでしょうか。

ま、54基中の4基のみの稼働で、今年も夏を乗り切っています。

COP23で、2017年の夏も観測史上最高レベルの暑さであったと発表していますので、

何かをいわんやですね。

そろそろ原子力から卒業する選択肢もありかな。

今年の読書目標~中間まとめ~

おはようございます。ゆうたかさんです。

二年ほど前から、読書目標を設定し始めました。

目標値は、50冊です。なかなかバタバタしていると、落ち着いて読書をしている間がありません。

昨年は、38冊で目標に届かずでした。(T_T)

再チャレンジと言う事で、年初に今年の読書目標も50冊と設定しました。

この目標設定が、高いのか低いのか分かりません。読書量の多い方なら少ないと感じるかもしれません。

私からすると、昨年は38冊であったのでまぁ、妥当だろうと再設定。

まだ、本年終了まで少し残日がありますが、勝手に中間報告です。

11月8日現在の達成数は・・・・・・・

【ジャンル別読書数】
①文学系        45冊    最近のライトノベル系も含めてカウントしています。
                     トラディショナルな文学作品ももあります。
②SF系         22冊   シリーズものを幾つか読みました。外国ものと半々かな。
③怪談本        22冊   割と好きなジャンルです。話しのネタにと思っていて実話系が多いですが、
                     何故か内容はあまり覚えていません。
④実用・知識系     7冊    ちょっと少ないですね。
                     
⑤戦記物        2冊    太平洋戦争の体験記です。

  合計    98冊

ま、ジャンル分けが5つなのでかなり大雑把です。本当はもっと分類しても良かったのですね。

やはり、実用書系が少ないのが気になります。少し偏りがあるようですが、仕方ありません。

しかし、その気になれば、結構読めるものですね。一体どうしたのでしょうか。

昨日、二冊購入しましたので、100冊達成は確実です。さぁ、今年は何冊まで伸ばせるのか?

今日も良い日になりそうです。ありがとうございました。

パラレルワールド考②

おはようございます。ゆうたかさんです。

今朝の京都は小雨で明けました。今日は、気温が余り上がらないみたいですね。
風邪ひきさんも増えています。皆さん、ご自愛ください。

パラレルワールド
並行世界とも云いますね。
今いる世界の他に、幾つもの異世界があるそうです。
よく判りませんが、自分の視点で見ている世界と隣人の視点で見ている世界は既にパラレルなのかも知れないと最近思います。
観察者が変わると、視点と観点が変ります。
観点が変ると価値観も、モノの見え方も違いますね。
とすると、人の数だけパラレルワールドが存在するのでしょうか?
似て非なる世界。

しかし、自分の感知できない世界(遠く離れた異国など)は、どうなのでしょう。そこには、私を知っている人もありませんので、私は存在しないのです。
見もしない知りもしない世界。
でも、インタネットやテレビニュースでは知り得る出来事があります。それを知った瞬間に、自分の世界に内包されるのでしょうか。

例えば、トランプ大統領は私のことなど知りません。しかし、私はトランプ大統領を知っています。知っていれば、会いに行くことができる可能性が発生します。あくまでも「可能性」ですが。でも、知らなければ「可能性」すら発生しません。
観察者がいなければ“それ”は存在しないと言う事ですね。

ちょっと、そんなことを考えてしまう秋の夜長でした。

今日も一日素晴らしい日になりそうですね。

嵐電踏切


秋深し・・・

souryuuzu
こんにちは、ゆうたかさんです。

11月に入って何かと忙しくなってきました。

写真は、建仁寺の双龍図です。日曜日に用事があって行ってきました。

いつみても迫力満点です。とてもコピーとは思えません・・・(^_^.)

相変わらず京都市内は外国人観光客で溢れていますねぇ。

夜道も、家に向かって歩いていると、中国語が後ろからついてきます。

女性の声でしたから、危機感はありませんでしたが、路地からいきなり大柄の外国人男性が
ぬっと出てくると吃驚します。

国際都市だから仕方ないのかもしれませんが、インバウンドで潤う業種ではありませんので、
少し残念です。

京都市の税収が増えても、市民には目に見えて還元されませんしねぇ。。

もう少し紅葉が進むと、もっと観光の方が増えます。

ただ、残念なことに、外国人の多さに日本人観光客が敬遠しているという話もあります。

もっと、バランスよくならないものですかね。
プロフィール

ゆうたかさん

Author:ゆうたかさん
一級インテリア設計士 宅地建物取引士 生命保険 損害保険資格保有の京都生れの京都在住。でも、仕事の話にはあまり触れませんよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR