外国人労働者就労大幅拡大!?

「ベルリンの壁崩壊くらい」外国人の就労大幅拡大へ
6/6(水) 0:08配信


日本全体を覆う深刻な人手不足の問題。その活路は、やはり、外国人労働者に、見いだすことになりそうです。5日、政府は、今後の財政運営の考え方を示す文書、「骨太の方針」の原案を示しました。

 注目は労働力不足への取り組みですが、その対策として、今後、外国人に対し新たな在留資格を設けることが明記されました。「ベルリンの壁が崩壊したくらいだ」。専門家はその変化をこう表現しています。(05日23:10)

最終更新:6/6(水) 0:08
TBS系(JNN)


続きを読む

スポンサーサイト

スマホの使い方

おはようございます。。ゆうたかさんです。

普段はあまり電車に乗らない私ですが、先日久しぶりに京都地下鉄に乗りました。

京都の地下鉄は、烏丸線(からすま線)と東西線の二種類があります。

阪急電車は西院から河原町までの区間が地下を走っており、京阪電車も七条から三条までを地下区間としていますが、京都では地下鉄とは申しません。

また、大半を地上走行している鉄道の地下区間という扱いですね。でも、何れも京都市域のほとんどが地下化されているのですが。

いきなり話がそれました。

それで、久しぶりに乗った地下鉄で、同じ車両に乗り合わせた乗客の何とスマホ弄り率の高いことか!

ま、別にいいのですが、そんなに始終スマホを見る必要があるのか?と思うくらい、スマホを弄っている人が多いですね。

観光客なら、地図アプリを起動して、スマホ片手にウロウロしている人をよく見かけます。でも、そうでないことは一目瞭然です。

漫画を見ている人、ブログやSNSをチェックしている人、良く判らない画面を見ている人などですが、電車が駅について下りる段になっても弄っていますね。

もう、スマホ中毒なのでしょう。

そういう人たちを見ていると、何とも幼いというか、抑制のきかない子供の様に思えます。

余り、可愛くないですが。

前を向いて颯爽と歩く。この方が格好良いと思うのですがねぇ。

今日も楽しく頑張りましょう!

ありがとうございました。

嵐山・竹林の落書き!

竹に落書き
こんにちは。。

ゆうたかさんです。


旅の恥はかき捨て?

我々日本人も海外旅行慣れしていない田舎者のころ(昭和40年代?)、海外でなにかと云われたみたいですが、落書きはいけないですね。

京都人が忌み嫌う行為の一つです。最近は、西本願寺の東門にも落書きをされました。

折角、誰もが直接見て触れることができる環境にあるものが、一部の不心得者の所為で閉鎖されたりすることもあるのです。

軽い気持ちで、落書きするのでしょうが、そんなもの当事者以外が見ても見苦しいだけです。

商店のシャッターにも落書きした事件がありました。

器物損壊・景観損壊も甚だしいです。他人の所有物に傷をつける行為はまさに犯罪ですから。

カラフルな落書きをアートだといっている人がいますが、トンデモありません。

落書きはどんなに上手に描けていても、カラフルでも、その図柄があるべきところではない時点で犯罪行為であり、見苦しい愚鈍な行為なのです。

田植え2018

2018田植え
こんにちは。。ゆうたかさんです。

日本周辺がうるさい今日この頃ですね。

5月13日日曜の「母の日」ですが、「自分の食べる米は自分で作る会」+経済団体のコラボ事業として、農業交流事業を実施しました。

「田植え2018」です。

当日は、見事天候に恵まれ(?)朝からシトシトと雨が降っていました。

それでも、総勢40名弱のメンバーが集まり、子供も大はしゃぎで田植えを致しました。
(写真には一部の人しか映っていませんが)

そう言えば、今年で数回目の田植えとなりますが、雨天の田植えは初めてです。

どうも、強力な雨男(女)が居たのか、開始から終了まで雨が絶えることはありませんでした。

ま、田植えは全天候型のイベントですので、合羽を着ていれば大丈夫です。

しかし、気温が少し低かったので風邪ひきさんが出ないか心配でした。

6反の田圃を2時間くらいで植え終り、お昼ご飯を頂いてからイベント終了となりました。

これ以降、草取り・水の管理等を繰り返し、9月の収穫が楽しみです。

日本周辺の国際情勢が複雑化しても、米つくりは続けなければなりません。

戦となっても食べるものは要るのですから。ww

何はともあれ、雨天決行の無事に田植えは終了いたしました。

そうそう、昨日の母の日には、帰りに娘と一緒に伊勢丹で母の日ケーキを買いました。

「お花もいいけど、みんなで食べられないからね(^_^.)」と娘。

ちゃっかりしてるー(^_-)

今日も一日素晴らしい日になります。ありがとうございました。

日本の労働市場 ~外国人労働者~

こんにちは、ゆうたかさんです。

大型連休は如何お過ごしでしたでしょうか。
今日は少し硬い目の話ですが、観光地に溢れる外国人をみてふと気になった外国人労働者について考えてみました。

【増え続ける在留外国人】
 ご存知のように、訪日外国人の数は増加の一途を辿っています。
同時に、在留外国人(所謂、在日外国人)の数も増え続けており、2106年の確定値では、238万人を数えています。
在留者の数は老若男女の総計でが、その中で労働者としてカウントされているのはどれくらいでしょうか。
厚生労働省の統計によると2015年10月末時点では、90万8千人を数え、2016年10月末には、108万4千人に達しています。実に19.4%の増加率です。

【国別外国人労働者人口】
 思ったほど多いか、少ないか。
どうお感じですか。
因みに、統計からわかる数字で拾うと、国別では、以下の様な構成です。
1位中国34万5千人(千人単位で四捨五入)
2位ベトナム17万2千人
3位フィリピン12万8千人の順です。
上位3カ国で64.5万人の労働人口となっています。
上位に自動車産業関連の労働者で増えている南米の日系人が含まれていないことは少し意外ですが、カウントの仕方が違うのかもしれません。
勿論、不法就労者は含まれていません。

【在留資格別労働者人口比率】
 国別とは別の視点から見た統計資料もありました。
所謂、在留資格別の人口比です。そもそも、外国人が自由に日本国内で労働に従事できるのか?という問題もあります。
2015年の統計資料ですが、比率は次の様になっていました。
第1位「身分に基づき在留するもの」約37万人
第2位「資格外活動」約19万人
第3位「就労目的で在留が認められているもの」約17万人
第3位「技能実習生17万人」
第5位「特定活動に従事するもの」約1万人の順です。

 さて、在留資格の用語が出て参りましたが、どういう意味でしょうか。少し解説致しましょう。

続きを読む

プロフィール

ゆうたかさん

Author:ゆうたかさん
一級インテリア設計士 宅地建物取引士 生命保険 損害保険資格保有の京都生れの京都在住。でも、仕事の話にはあまり触れませんよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR